Welcome To My Blog

家族旅行の後はいつも家計がピンチ!そんなあなたのための賢く借りるための3つの極意

4月 15th, 2014 by | Posted in

毎年夏休みやお正月休みなどの長期休みに家族旅行に行くご家庭も多いのではないでしょうか?お子さんが小さいうちに家族で楽しい思い出を作りたい。そう思って少し無理してでも家族旅行に行くご家庭も多くありますよね。家族旅行では普段は行かないところに出かけるので、お財布の紐が緩んでしまって、ついついお金を使いすぎてしまった…そんな経験がある方も多いのではないでしょうか?ここでは家族旅行の後にいつも家計がピンチになる方のために賢く借りるための3つの極意をお話ししたいと思います。

 

まず、お金を借りるときにはムリのない返済計画が大事ということです。家族旅行の後の生活費が足りなくてお金を借りるのはいいのですが、その時に無理のある返済計画を立てる人が多くいます。無理をしてお金を返してしまうと、また新しくお金を借りる原因にもなります。ですから、お金を返してもきちんと生活できるだけの生活費を残して返済することが大事です。

 

次にお金を借りるときには低金利な銀行系キャッシングがオススメということです。お金は色々なところから借りることができますが、その時に金利が低ければ低いほど返済金額も小さくなります。低金利で特にオススメなのが銀行系キャッシングです。銀行系というのは、銀行が出資している消費者金融が行っているキャッシングのことをいいます。この銀行系キャッシングは金利が低くて3.5%15%程度になっています。

 

最後に無利息キャッシングを利用しようということです。無利息キャッシングとは、その名の通り無利息で借り入れすることができるキャッシングサービスのことです。これは永久的に無利息なのではなく、1週間以内に返済をした場合のみなどの期間限定のサービスになっています。もし、次のお給料日までだけ厳しい状態の場合は、無利息キャッシングを利用してお給料日にお金が入ってきたら返済するという方法があります。そうすれば余計な利息を払わなくていいのでお得です。また、この無利息キャッシングは初回のみ利用できるサービスになっているキャッシング会社も多いので気を付けてくださいね。

 

ここでは家族旅行の後にいつも家計がピンチになる方のために賢く借りる3つの極意についてお話ししました。ここでお話ししたことを忘れないで賢くお金を借りるようにしましょう。

お得と思っているはずのクレジットカード。実は無意識で使いすぎという2つの事実!

4月 18th, 2014 by | Posted in

あなたはクレジットカードを持っていますか?多くの人がクレジットカードを持っていて、今では学生でもクレジットカードを所持できるようになりました。このクレジットカードはインターネットショッピングをしたり大きな金額の物を買うときに、とても便利ですよね。普段からできる限りクレジットカードで支払いをしているという人も多いのではないでしょうか。このクレジットカードですが、実は無意識で使いすぎてしまうという2つの事実があるのです。ここでは、その事実についてお話しします。

 

まず、クレジットカードはお金を使っている感覚がないということです。クレジットカードを使うときは直接お財布から現金を取り出さないので、どうしてもお金を使っている感覚がない人が多くいます。カード一枚で100万円もする物をポンと買えてしまえたりするのもクレジットカードの魅力ですが、ついつい使いすぎてしまう原因でもあります。やはり人はお金を使っている感覚がないとどうしても使いすぎてしまうので、クレジットカードを使ったらその分の現金をお財布から別に封筒に取り分けておくなどの対策をしておくと安心でしょう。

 

次にクレジットカードを使うと2割も使用金額がアップするということです。人は直接現金で支払った時よりクレジットカードを使って支払った時のほうが2割も多くお金を使ってしまうということが分かっています。先ほどお話ししたようにクレジットカードはお金を使っている感覚がないので、どうしても使いすぎてしまうのですね。この対策としては、クレジットカードの限度額を少し低くしておくと良いでしょう。使いすぎを防ぐことができます。

 

クレジットカードはとても便利なものですが、きちんと気を付けていないと無意識のうちにお金を使いすぎてしまう原因になります。クレジットカードを使うときには使いすぎないようにきちんと対策をするようにしましょう。

どうしてキャッシングでも金利がこんなに違うの?3タイプを比較!

4月 28th, 2014 by | Posted in

 

あなたはキャッシングを利用したことがありますか?キャッシングとはお金を借りることを言います。一般的にATMでお金を引き出して次の月に一括で返済したり、分割で返済したりします。このキャッシングですが、どこから借りるのかによって金利が違ってきます。ここでは3タイプの金利を比較したいと思います。

 

まず1つ目は銀行系キャッシングです。銀行系というのは、銀行が出資している消費者金融が行っているキャッシングのことをいいます。ですから、「銀行系」と言っても実際にお金を貸してくれるのは銀行ではなくて消費者金融になります。この銀行系キャッシングは金利が低いというメリットがあります。大体金利は3.5%~15%程度になっています。この銀行系キャッシングは他のキャッシングよりも低金利だというメリットはありますが、返済が遅れたときの対応は厳しくなるので、利用するときには毎月必ず返済し続けることができるのか検討しておく必要があります。

 

2つ目は信販系キャッシングです。信販系キャッシングとは、信販会社が提供しているキャッシングのことです。この信販系キャッシングの特徴は、利用限度額が低い傾向にあるということです。また、ショッピング機能などのキャッシング以外のサービスが充実していることも特徴として挙げられます。信販系キャッシングの金利は、銀行系キャッシングよりは高いですが消費者金融系よりは低くなっています。大体金利は4.5%18.0%くらいで、低金利が売りのところだと銀行系と同じくらいの低金利になっています。

 

最後の3つ目はクレジットカードのクレジット枠キャッシングです。これは、クレジットカードにキャッシング枠を付けてクレジットカードを利用してお金を借りるというものです。この金利は銀行系や信販系のキャッシングよりも高くなっています。大体金利は15%20くらいになっています。クレジットカードを利用することで手軽に利用できる反面、金利はだいぶ高くなっています。

 

ここではキャッシングのタイプによる金利の違いについてお話ししました。
http://xn--nckgu1cyjxd329y7geby2bdvm809c.com/casinghennsaizikinnrikennsaihouhou/

低金利で借りたい場合は銀行系キャッシングがオススメです。自分に合ったところからお金を借りるようにしましょう。

住宅ローンを借りる前に!クレジットヒストリーを綺麗にするための3つのこと

4月 23th, 2014 by | Posted in

「そろそろ家を購入したいなあ。」

「子供も大きくなってきたし、一戸建てを建てたいな。」

マンションを購入したり一戸建てを建てる際に必ずと言って必要になるのが住宅ローン。

もちろん現金一括払いで購入できればなんの問題もないんですが、なかなかそういうわけにもいきませんよね。

住宅ローンの審査は非常に厳しくカードローンや消費者金融等の審査とは比べ物になりません。

年収や勤続年数、家族構成などの個人情報がこと細かに調べられますが、その中でももっとも重要になってくるのがクレジットヒストリー(信用情報
http://cashing-master.biz/%e6%90%8d%e3%81%97%e3%81%aa%e3%81%84%e3%81%9f%e3%82%81%e3%81%ab%e7%9f%a5%e3%82%8b%ef%bc%81%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%81%ae%e5%af%a9%e6%9f%bb%e4%bf%a1%e7%94%a8%e6%83%85%e5%a0%b1%e3%81%a8%e3%81%af/

クレジットヒストリーとは過去の借入やローンの利用状況、また支払い遅延や滞納状況が詳しく書かれた信用情報です。

このクレジットヒストリーに怪しい点があれば銀行はまず住宅ローンを契約してはくれません。

ちょっとした遅延であっても銀行からするとあまり良い印象がないのです。

ただし、

「何回か支払いが遅れたことがあったなあ。」

「まだ車のローンがかなり残っているんだけど。」

そんな人も大丈夫!

住宅ローンを申し込む前に、以下の3つのポイントを抑えておいて下さい。

1.ローンや借金は完済しておく

まず、住宅ローンのような大きなローンを契約するに当たって一番ベストなのは、借入があれば全て完済しておくということです。

債務の無い真っ白な状態が一番審査に通りやすいのです。

もうすでに債務が無い状態であれば問題はないですが、まだローンや借金が残っているのであれば住宅ローン申し込み前に返済してしまうようにしましょう。

2.過去の遅延等の記録は5年で消える

住宅ローンを借り入れる際には、過去のローンや借金の支払い遅延は非常に嫌がられます、

過去に遅延や滞納をしていた場合は審査に通るのは難しくはなりますが、その履歴は5年で消えることになっているので、もし過去にクレジットカードの遅延・滞納があれば気長に待つようにしましょう。

5年以上前の遅延・滞納であれば問題ありません。

自分のクレジットヒストリーが気になる方は信用情報会社から取り寄せることも可能なので、住宅ローンを申し込む前に一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

3.遅延の履歴は消してもらえる可能性もある

長い期間返済をしないまま放っておいたり、自己破産などをした場合は別ですが、遅延レベルであれば信用情報会社に相談すると消してくれることもあるんです。 ちょっとうっかり支払いを忘れたことがあるんだよなあ、というぐらいであればぜひ住宅ローン申し込みの前に信用情報会社に連絡してみてください。

住宅ローンを申し込みたいんだけど絶対通らないと決め付けている方はこれらの3つのことを実践してみてください。

家なんて夢のまた夢!なんて決めつけず、以上のことを実践して住宅ローンの契約を成立させましょう!

 

 

中小企業勤めの俺、貸してもらう自信がない人の3つのチェック項目

4月 21th, 2014 by | Posted in

車を買ったり家を買ったり、また急な用事でまとまったお金が必要になったりと人生においてお金を借りる必要がある場面は多々ありますよね。

お金を借りる際にはそれなりの審査を通過する必要があります。

この審査でまず見られるのが年収や勤務先企業、勤続年数などの自分の働いている会社に絡んだ情報になります。

「俺、中小企業勤めなんだけど大丈夫かなあ・・・?」

確かに、大企業に長年勤めている人に比べると審査の上では不利になるかもしれません。

だからといって諦める必要は全くありません。

もちろん中小企業にお勤めの方だけではなく、派遣社員やパートタイマー、アルバイトの方々も同じような不安を抱えているかと思います。

でも心配しないで下さい、お金を借りる方法はひとつではありません。

以下の3つのチェック項目を参照してみてください。

貸してもらう自信がない人の3つのチェック項目

年収と借入金額のバランスを把握

まず住宅ローンや車のローンであれば、借入総額と金利から無理なく返済できる返済回数を選ぶ必要があります。

ですが、この返済回数が常識の範囲を超えていたり、また明らかに年収に見合わない借入総額であれば、お金を貸してくれることはまずないでしょう。

またキャッシングの場合、貸金法で年収の1/3を超える借入はできないことになっていますが、それはあくまで国が算出した数字に基づくものであり実際にその限度額いっぱいまで借りていたら首が回らなくなってしまいます。

自分の年収と月々の返済金額、借入総額を見比べて計画的に利用するようにしましょう。

審査の通りやすそうな会社を選ぶ(地方の銀行など)

あくまで一例ですが、都心部に本店を構える大手の銀行よりも地方銀行の方がお金を貸してくれやすい、という傾向があります。

この場合金利はやや高くなりますが、かなり審査に通りやすくなるので大手銀行に断られたという方は他の銀行やローン会社など別のところでもう一度申し込みするのもひとつの手段になります。

また、地方の銀行などであれば大手銀行よりは返済の融通も利くので、じっくり話し合って自分に合った返済計画がだいぶ立てやすくなるのも大きなメリットになります。

過去に金融事故を起こしていない

過去に2ヶ月以上の支払い遅延や滞納をしていると、ほとんど貸してくれるところはなくなります。

これに関しては大企業勤めだろうがパートタイマーだろうが関係ありません。

お金を借りるに当たって最低限クリアーしていなければいけない条件です。

以上3つのチェック項目を読んでみて、自分でも借りられる!と思った方は多いのではないでしょうか。

意外とどうにかなるものなんですよね、お金を借りるのって。

大企業勤めじゃなくても非正規雇用でもお金は借りられます、諦めずにチャレンジしてみてください。